法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律って憲法とか民法ばかりではありません。労働に関する法律もいろいろあります。それから裁判もいろいろあります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

いろいろな法律と裁判

法律って憲法とか民法をイメージするかもしれません。でも他にもいろいろありますね。雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律はご存知でしょうか。この法律に違反するかどうかの裁判が、先日最高裁でありました。最高裁判決は日本の裁判が三審制ですから、もっとも重要といいますか、これ以上の裁判が行われないことが多いのですから、判例としてよく取り上げられます。三審制というのは地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所など、簡単に言えば三回まで裁判するということです。裁判所は他に家庭裁判所や簡易裁判所もあります。

今回の裁判は女性の労働者が妊娠中だったんですね。彼女が軽易な業務へ転換したわけです。それでそれなりに降格されることが先に挙げた法律に違反するか争われたのです。ある一定の条件下では仕方がないということで禁止行為とまではいえないとされたんです。労働に関する法律は他に労働基準法などがあります。法律はこのように一定の役割があります。裁判官はこのような関係する法律を基準にして、いろいろ総合的に判断して判決を言い渡すことになります。あるときは判決を出さずに和解で終了することもあります。いずれにしても、法律は重要な役割を果たすのは間違いないです。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.