法律は名の通り、守るべきものなのです。

民法は、私人間における法律関係を規律する、私たちにとって最も身近で大切な法律と言えるでしょう。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

民法という法律とはどういうものなのか

「民法」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。では、民法とは具体的にどういった法律なのでしょうか。民法は、簡単に言えば、私人間の法律関係を規律する法律です。大きく財産法と家族法に分けることができます。財産法は、明治時代に作られたものであり、総則編、物権編、債権編から構成されています。家族法は、戦後、日本国憲法の法の下の平等・個人の尊厳等の理念に基づき作られたものであり、親族編と相続編から構成されています。このような民法は制定から今日に至るまで複数回にわたり改正されてきています。

民法は、私たちにとって最も身近で大切な法律と言えるでしょう。例えば、離婚、相続、借金、各種契約等は全て民法に関わる法律問題なのです。その為、司法試験、司法書士試験、行政書士試験、公認会計士試験等の各種国家試験や公務員試験においても広く出題科目とされているのです。民法の特徴としては、まず、条文の数がもの凄く多いことです。1000条を超えています。そして、パンデクテン方式という法典形式を採用しているため、理解しづらいということです。これらの特徴から、民法全体を理解・記憶するには多くの時間が掛かり、一筋縄ではいかないのです。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.