法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の内容は、時代と環境によって変化するパターンも多いです。同じのルールでも、運用や定義が移り変わります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

同じ法律でも、時代や環境によって実態が変化します。

ルールの内容は、社会環境によって変化するケースがあります。同じ法律でも、時代と共に運用の実態が変わるのです。法学部教授のように、全てのルールを熟知する事は難しいでしょう。しかし、一個人でもある程度の知識と経験を持っていた方が安心です。特に創作やビジネスの世界に関わっている方々は、基本的なルールについて、知っておいた方が良いでしょう。そんな法があるなんて知らなかった、という理屈は残念ながら社会では通用しません。責任者の立場を持っていれば、なおさらです。業界の慣例で、日常業務を続ける組織も多いですが、時代と共に原則であるルールは変化する事を、常に念頭に置いておきましょう。そして分からない点が出た場合は、無闇に手を付けない事が肝心です。行動力は時としてトラブルの火種を生みます。ルールの定義や解釈が曖昧な分野は保留する事も大切です。時には何もしない事が最善策だったりします。

業界の常識と社会の法は時として、大きく違っています。我々の世界では常識だから、という理屈でビジネスや創作活動を強引に進めるのはリスキーです。時には法の知識に明るい専門家に助言をもらいましょう。原則であるルールを理解しないまま、行動するのはやはりリスクが伴います。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.