法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律学を学ぶメリットは、法律を知ることにより、法的不利益を被るという事態を避けることが可能となることです。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律学を学ぶことのメリットとは

昨今、法律に関する番組がテレビで放送されており、法律を身近に感じている人も多いのではないでしょうか。では、法律学を学ぶことのメリットとはどういうものなのでしょうか。以下、具体的に説明していきたいと思います。法律学は、経済学や政治学とともに実学と言われます。実学とは、簡単に言えば、我々の生活に直接役立つ学問という意味です。これら実学の中でも、法律学は特に実用性の高いものと言えます。なぜなら、日本は憲法を頂点とする法治国家であり、行政、立法、司法という国家機関、地方公共団体、国民の行動の全てが法律により規制されているからです。

このような法治主義という体制の下では、法律の知識・理解が当然の前提とされています。このことを「法の不知は許さず」と表現されたりします。したがって、私たち国民が日々生活していく上で、法律を知っていなければならないのです。そうでなければ、至るところで様々な法的不利益を被ることになります。例えば、民法の消滅時効という制度の時効の中断という概念を知らなければ、自分の債権が消滅してしまうこともあるのです。つまり、法律学を学ぶことにより、様々な法的不利益を被るという事態を避けることが可能となるのです。これが、法律学を学ぶ最大のメリットと言えるでしょう。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.