法律は名の通り、守るべきものなのです。

言葉と法律は我々のライフスタイルにとつて、欠かせない存在です。時代と共に、それらの定義や意味は変化します。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

言葉の意味と法律の解釈は、時代と共に変化する事があります。

言葉は、我々のコミュニケーションにとって必須な存在です。様々な造語と新語が誕生する昨今ですが、元々あった言葉の意味も変化し始めました。日本語はそもそも曖昧な表現が多く、読み手の解釈に依存している面も強いです。言葉の意味は時代と共に変化する、それが近年では当然な事となりました。流行語や新語などは意味合いが変わっても、それ程市民生活は影響を受けません。しかし、一般的な言葉の意味が変わって来た場合、その影響は無視出来ないでしょう。特に法律に関わる意味や言葉の定義が大きく変わりますと、物事の前提条件も自ずと変化します。市民は弁護士や警察官ではありませんので、随時六法全書を確認しながら、生活する事は不可能です。ただ、時々は言葉の意味やルールの変化について、確認を取っておきましょう。ひと昔前のルールと今日の法、分野によっては大きく変化しています。

自分の経験を信じる姿勢は極めて大事です。しかし時には経験を疑い、現在の法がどうなっているか正しくチェックすべきです。法の運用そのものは変化していなくても、解釈や定義が時代と共に大きく変化しているパターンも珍しくありません。賢い人物は、良い意味でルールに対して懐疑的です。今日のルールについて、時々は再チェックしたおいた方が賢明でしょう。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.