法律は名の通り、守るべきものなのです。

家庭や学校で習う道路交通法に並び消防法は私達の生活の中に深く根付いており身近にある法律です。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

道路交通法と同様に消防法は生活の中に根付いている法律

消防法と聞いて身近にいる人はほとんどいないでしょう。法律の中でもっとも知られているのは道路交通法でしょう。理由は多くの人が自動車や自動二輪などのバイクの免許を取るからです。教習所では必ず道路交通法を学び、それに従い自動車を運転し、そしてテストを受け合格しないといけません。また小学校などでも横断歩道の渡り方から自転車が守るべきルールを教えられます。それは紛れも無く道路交通法のルールなのです。

なぜ道路交通法がこれほど身近かというとそれは毎日、道路を歩くことや自転車、車が生活に欠かせないものだからです。そしてルールを守らなければ命に直結します。だからこそ小さい頃から家や学校で徹底的に道路でのルールを教えられ、それはつまり道路交通法を教わっていることなのです。

では消防法はどうでしょうか。実は消防法も私達の生活の中に深く根付いているのです。学校や職場で行う避難訓練は消防法で義務付けられたものなのです。また業者が長い棒を持って天井についている感知を点検する姿を見たことがある人は多いでしょう。これも消防法で義務付けられている消防設備の点検なのです。知らない人が多いでしょうが一軒家の個人住宅以外の大部分は消防署の許可無くして建てることはできません。全て消防署の許可を受け建て始め、中間検査、完成検査を経て引き渡されるのです。このように私達の生活の中に消防法は深く根付いているのです。

関連サイト

  • 葬儀(住吉区)会場をお探しの方、こちらがおススメ。葬儀プラン別の特典もあり。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.