法律は名の通り、守るべきものなのです。

会社法という法律の特徴は、機関設計が自由化されたこと、有限会社を株式会社に取り込んだことです。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

会社法という法律の特徴

会社法という法律をご存知でしょうか。会社法は、商法典から独立した形で制定され、2006年から施行されている法律です。内容としては、簡単に言えば、会社の設立や運営に関する事項を規律しています。以下、会社法という法律の特徴について簡単に説明していきたいと思います。まず、機関設計の自由化です。戦後、ビジネスは日々グローバル化し、様々な需要が生じていました。この点、従来の商法においては、会社の機関設計は柔軟性に欠けるものであり、このような需要に対応できなくなってきていました。そのような状況に応じるために会社法が制定されたのです。したがって、株式会社を設立する場合においては、それぞれのビジネス形態に応じた様々なバリエーションを柔軟に選択できることになりました。

次に、有限会社を株式会社に取り込んだことです。日本の株式会社の大多数の実態は、小規模な同族経営の有限会社でした。しかしながら、従来の商法典における株式会社は、大規模な会社を想定していました。このような法の理念を社会の実態に合わせる必要があったのです。そこで、会社法制定とともに有限会社は廃止され、株式会社に取り込まれたのです。そして、小規模会社に適した基本設計を可能とされました。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.