法律は名の通り、守るべきものなのです。

倒産というと、事業又は個人の借金を清算することをいいます。倒産に関する法律について論じたいと思います。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

倒産に関する法律について

倒産に関する法律は、学問上の概念では倒産法と呼ばれています。倒産というのは、借金が有る個人もしくは事業を継続できなくなった事業所等が生産をしていくことをいいます。倒産には、債務そのものを清算していく清算型ないし破産型と、借金返済に待ったをかける再生型のものとが在ります。破産型の倒産手続きというのは、申請者の権利については一定の制限が課されることになります。また、再生型の倒産については、事業継続を目的としたり、個人の再生を目的としたものとなっています。

破産型の倒産には、典型的なものとして破産法が在ります。これは、債務超過に陥った個人が地方裁判所に申請して債務を清算していくことをいいます。破産手続きをし、債務を清算していくことになりますが、ギャンブルの借金に関しては適用除外ということになります。破産法上、国税局等が有している租税債権、銀行等に設定してある抵当権、質屋に質入れしている場合の質権、商法上の留置権、賃貸住宅に住んでいて賃借人が所有している動産について適用される動産の先取特権については破産手続きが開始される以前に設定されている場合は破産手続きに因らずに債権者は弁済を受けることができるようになります。これを別除権といって、破産宣告をしたからといって税金が免除されることは無いそうです。また、別除権だけでなくて、破産者が会社である場合、従業員が給料債権を有している場合は一般の先取特権が優先的破産債権としての適用を受けることになります。また、無担保でサラ金に借金した場合、サラ金業者との間での債権ついては法的に免除を受けることになります。ただ、破産者となった人については通信の秘密が制限されたり、何らかの理由で旅行等をする場合はその都度裁判所に申し出しなくてはならないことになります。破産宣告を受けた場合、信用力は低下することになりますが、負債を負わなくても済むことになります。弁護士や社労士といった自由業になれない、会社の取締役になることはできなくなりますが、免責を受けた場合はこの限りではないとされますし、復権できれば一個人として復帰することになります。

破産型の倒産手続きでは、適用中は個人の権利は制限されたりすることがあります。また、破産でなくて、個人の再生や事業の継続を狙いとした倒産制度が在ります。再生型の倒産制度であり、会社更生法、民事再生法があります。会社更生法は株式会社を対象とした再生型の倒産手続きであり、事業継続は一応は可能となるものの経営上の権利については管財人に委ねられることになります。また、民事再生法というのは個人や法人の再生を目的としており、株式会社も適用を受けることになります。また、民事再生法では経営権が管財人に委ねられることはなく事業継続をできるという特性が在ります。個人の場合、手続きを経て再生法の適用がされた場合は債務の弁済に待ったがかかることになり、個人の再生が実現できるようになります。また、倒産法では債務者が債権者を害するために倒産手続きをした場合、管財人等は否認する権利が付与されています。ずる賢い債務者を撲滅することが狙いとなっており、ギャンブルで負うことになった借金が適用されないように、倒産法は本当に債務整理をしたいと考えている人のための法律全般となっており、手続きは公正にされていくものとなっています。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.