法律は名の通り、守るべきものなのです。

既に理科系の分野では常識となった考え方。絶対的な解答は無く解釈が重視される今日、法律の相談は専門的な弁護士へ。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律相談は、専門的スキルを持った弁護士に。

文系の世界に比べ、理系の世界は明確な答えが出やすいです。数学や科学の世界には、色々な理論があります。ただ、近年優れた科学者の間で話題になっているのが、絶対的な解答は存在しない、という説です。その考え方は既に理科系の世界では常識となりつつあります。また理系に限らず、今では多様な分野に浸透し始めました。市民の目から見ると、不動に見える日本のルールですが、時代と共に修正、改善されているのです。法律もまた理系の分野同様、絶対的な解答が無い分野になりました。もちろん前例や一般的な解答は存在しますが、必ず弁護士による解釈がそこに入ります。人の目線によって、法の解釈はかなり変化します。テレビ番組に出演なさる弁護士によって、同じ事例でも最終的な解答に圧倒的な差が生じるのは、そのためです。法的な解釈は事務所や弁護士個人によって変化するもの、そういった知識を持っていれば、いざという時、役立つでしょう。

また弁護士事務所によって得意となる内容も変わって来ますので、トラブルを抱えた際は、それを専門的に扱う場所に相談すべきです。弁護士もまた人間ですから、得手不得手が当然存在します。著作権に詳しい弁護士もいれば、離婚や隣人トラブル等に強い専門家もいるのです。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.