法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律って何条あるのでしょうか。憲法はどうでしょう。民法や刑法はどうでしょう。消費税についても法律があります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律って何条あるのか

法律って何条あるんでしょう。30条とか100条でしょうか。もちろん、法律のすべてが同じ数の条文ということはありません。たとえば、民法はいくらあると思いますか。1044条もあります。まあそれを知ってどうなるものでもないのですが、何かのクイズで出るかもしれません。では日本国憲法は何条あるんでしょう。103条です。では3問です。刑法は何条あるんでしょう。200条、違います。264条です。法律にはけっこう長い名前のものがあります。「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」も長いでしょう。ではこの4条は何が書かれているでしょう。正解は「削除」です。こういうことってけっこうあるんです。

消費税についての法律を取り上げました。この使途や税率の引上げは我々の生活に影響します。ですから法律名が長いからといって読むのをやめるというのではいけません。消費税についての法律には次のようなものがあります。「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法」です。消費税転嫁対策特別措置法と略して使われているようです。このように、長い法律名ですと、略して使われることが多いです。

関連サイト

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.