法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の条文を解釈するにはいくつかの方法があって、文理解釈、拡張解釈、縮小解釈、類推解釈などがあります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の解釈方法について

法律の条文は必要最小限の表現にまとめられており、それを実際の紛争解決に適用するためには解釈のし方が大事になってきます。解釈する方法はいくつかあります。1.文理解釈文字、文章の通りそのまま単純に解釈する方法です。2.拡張(拡大)解釈条文の言葉を、通常考えられる意味より「広く」解釈する方法です。例えば憲法81条で「一切の法律・命令・規則又は処分」の中に「条例」を追加して解釈する方法です。

3.縮小解釈条文の言葉を、通常考えられる意味より「狭く」解釈する方法です。例えば民法177条の「不動産物権変動を第三者に対して対抗するためには登記が必要」という文章の「第三者」を「当事者や継承人以外の人」といったように縮小・限定して解釈する方法です。4.類推解釈明文の規定が無いときに類似する条文の規定を借りてきてそれに当てはめて解釈する方法です。ただし刑法では罪刑法定主義の立場を採るため類推解釈は禁止されています。5.勿論解釈法律の立法目的やその趣旨から判断して明文規定に無くても同趣旨の規定があると解釈するのが必然である場合の解釈をいいます。6.反対解釈一定の条件が定められている場合に、その条件から反対条件を導き出す方法です。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.