法律は名の通り、守るべきものなのです。

法治国家の我が国における法律が決定されるまでには、いくつかの審査を通り、国会に法案を提出する必要があります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律はどのように決定されるのか

法治国家と呼ばれる国では、その地点での人の意見よりも、予め用意されている法律にのっとって、裁判が行われます。何らかの問題を抱えた時に裁判を起こして解決する権利が国民にはありますが、この裁判が行われる時に法律が判断の基準となって、判決が言い渡されます。ちなみに法治国家と相反するものとして、人治国家の方針をとる国も存在します。人治国家での裁判は法律よりも、その時の政権の意見が尊重されて判決が下されることがよくあります。我が国は法治国家に分類され、国民は法に従いながら毎日を過ごしている状況にあります。

ところで我が国における法律とは、一体どのような手順を経て決められるのでしょうか。法律を決めるまでには、国会議員や内閣が国会に法案を提出することが必要になります。総理大臣が提出することが多いのですが、実際に法案を作っているのは、官僚の役割だとされています。この官僚が作った法案を、内閣の補佐機関がチェックをし、実際に法案を提出するか否かを決定することになります。次に政権与党による審査が行われた後、衆参両院の議員の一定数の賛成が得られれば、ようやく国会へ法案を提出することができます。法律が決まるまでには、いくつものハードルを越えて行かなければならない仕組みとなっています。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.