法律は名の通り、守るべきものなのです。

原発、原子力に関する法律もいろいろいあります。どれも重要です。どのようなものか取り上げました。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

原発、原子力に関する法律

原発、原子力に関する法律もけっこうあります。原発についてはいろいろ問題があります。どれも解決しなければなりません。原子力規制委員会設置法はご存知でしょうか。平成25年にできましたから、比較的新しいです。これにより原子力規制委員会を設置できたわけです。文字通りです。委員長及び委員はどのように決められるのでしょう。「人格が高潔」ということが7条に決められてあります。原子力利用における安全の確保に関して専門的知識及び経験並びに高い識見を有するだけではないんです。任命権者は内閣総理大臣です。原子力防災会議令は7条しかありません。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法も比較的新しいです。79条まであります。原子力損害の賠償に関する法律の関連法です。原子力損害の賠償に関する法律は、1条で「被害者の保護を図り、及び原子力事業の健全な発達に資することを目的とする」としています。3条では、原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者が損害賠償する責任がないようです。原発の法律も重要です。

関連サイト

  • 春日の税理士なら、面倒な経理業務・決算業務もまかせられるこちら。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.