法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律通りにいかない場合もあります。ルールは必要ですが、ルール通りにいかないことは身近によくあります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律通りにいかない場合もあります。

例えば道路交通法ですが、50キロ制限の道路を60キロで走っている場合を考えます。身近なことですから誰もが知っています。法律違反ですが、周囲が60キロで走っていたら、50キロ走行は周囲の迷惑になります。渋滞を起こす原因にもなりますから、仕方なく60キロ走行しなければ危険にもなります。法律は規範ですからルールであり遵守しなければなりません。しかし上記のような場合は、走行中の車を全車取り締まることは不可能です。要領ではなく、明らかに黙認される行為です。踏切前の一旦停止など、交通課の警察官が立っているとき、見事に全員一旦停止します。ネズミ取りはとかく運転者から見れば厄介に思いますが、法治国家だから遵守しようとします。道交法などは行政法を形成する法律ですから、法律が出来ても運用面が難しいわけです。

裁判などで、さまざまなケースはありますが、私人間の民事訴訟と別に刑事裁判もあることはご存じでしょう。しかし行政法は難しいわけで判例もありますが、歴史はまだ浅いから他法とは違います。裁判は法が捌くわけですから、判決は法律理論における論旨として仕上がっていることはよく知られています。憲法判断は結局上級審になるため、最高裁で争わなければなりません。しかし重要な判決は地裁や高裁どまりにもなっていることは確かです。上級審まで争わない有名な裁判は法律の教科書にも載っているくらいです。特に行政訴訟は難しいとされ、国家賠償法などが絡むからです。

関連サイト

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.