法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律は絶対遵守しなくてはいけないのは大多数がそれを賛同しているからで、それが法治国家としての尊厳と言えます。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律はなぜ守らないといけないのか?変えることは出来るのか?

法律は守らなくてはいけないというのは当然の事なのですが、ではなぜ守らなくてはいけないのでしょうか?しかも、この法律とは何を基準に決められたものなのでしょうか?こう考えることは若い時代には考えたものですが、大人に聞いても的はずれな答えしか帰ってこない場合が多くありました。実際、法律はなぜ作られたのかを考えていくと、マジョリティの意見に沿って出来ていると考えて良いのです。例えば、中世ヨーロッパの様に、決闘しても良いという法律が現在合った場合、嫌だと考える人が多くはずです。多くの人が嫌だと考えているのでこれを現在は禁止しているのです。マイノリティの意見も大切ですが、それを加味しているようでは法律には成り得ないのです。

法治国家で法律とは最上位にある物で、これは絶対的な物として扱われなくてはいけません。色々な意見や主張はあるとは思いますが、それを作り上げるのはマイノリティの意見ではないのです。少数の意見では法律は変わらない。変わっては絶対にいけないのです。では、もし法律を変えたいのであれば多数の賛同が得られればそれは可能です。民主主義の社会において占拠で選ばれるという事は多数の意見がそこに集まったという事です。それから国会という立法機関で精査し作り上げれば良いのです。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.