法律は名の通り、守るべきものなのです。

刑法という法律の特徴は、ある行為が犯罪となるのかを判断する過程が非常に厳格であるということです。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

刑法という法律とはどういうものか

刑法とは、犯罪と刑罰について規定する法律です。では、刑法という法律とはどういうものなのでしょうか。以下、具体的に説明していきます。まず、なぜ刑法という法律が必要なのでしょうか。それは、憲法31条により罪刑法定主義という大原則が定められているからです。罪刑法定主義とは、いかなる行為が犯罪となるのか、それに対してどのような刑罰が科されるのか、をあらかじめ法律で定めなければ処罰できないという原則です。したがって、刑法という法律に規定されていない行為は、どれだけ社会的に避難される行為であっても犯罪として罰することができないのです。このように、罪刑法定主義という大原則の存在が背景にあり、それに基づいて制定された法律が刑法なのです。

次に、刑法の特徴とは如何なるものでしょうか。それは、ある行為が犯罪となるかを判断する過程が非常に厳格であるということです。刑法というのは、刑罰という強烈な人権侵害を伴う法律であり、その適用にあたり間違いがあってはならない為です。この判断は、構成要件該当性、違法性、有責性という3段階に渡り厳格に行われます。そして、これらの各段階においても緻密に検討されていくのです。したがって、刑法は民法をはじめとする民事法に比べて非常に理論性が高い法律と言えるのです。

関連サイト

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.