法律は名の通り、守るべきものなのです。

私たちの生活は、法律に基づいて成り立っています。ここでは知っておくと得する法律についてお話しします。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

知っていると得する法律についての話

私たちは、日々の生活を日本国の法律に基づきながら、過ごしています。法律は、私たちの行動を規制する側面を持ちながら、同時に私たちを守っているとも言えます。私自身、大学で法律を学んだので、法律のプラスの側面、マイナスの側面を十分に理解しているつもりです。ここでは、法律を学んだことがない方のために、知っていると社会生活で得する法律知識を紹介していきたいと思います。

ここで紹介する法律は、賃貸住宅に関する法律で、引越しの際に役に立つと思います。賃貸住宅を解約する際には、借主と貸主の間で敷金の問題が頻繁に起きています。どういうことかと言うと、通常の生活で汚れた壁紙や床の痛みは、借主が負担すべきと貸主に言われ、敷金が返還されず、それに納得しない借主が法的手段に訴えるという内容が多いです。ここで覚えておいて欲しいのは、通常の生活での汚れや痛みの修繕費は、貸主が全て負担するということです。借主が修繕費を支払う必要はないです。敷金も全額返還されることとなっています。裁判においても、上記のように判決が出ているので、引越し時の修繕費で揉めたら、強気に対応し、交渉していきましょう。これを頭に入れておけば、敷金で損をすることはなくなると思います。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.