法律は名の通り、守るべきものなのです。

行政法とは、行政に関する事項を広く規律する法律の総称のことで、行政法という名前の法律は存在しません。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

行政法という法律について

行政法という法律をご存知でしょうか。行政法とは、簡単に言えば行政に関する事項を広く規律する法律の総称のことです。つまり、行政法という名前の法律は日本には存在しません。では、この行政法とは具体的にどういうものなのでしょうか。以下、具体的に解説していきたいと思います。行政法は、大きく行政作法用、行政救済法、行政組織法に分けることができます。まず、行政作用法とは、行政の活動に関する法律のことです。具体例としては、建築基準法、都市計画法、行政代執行法、行政手続法などです。この行政作用法の数は膨大に上ります。

次に、行政救済法とは、行政の活動から国民を救済するための法律です。具体例としては、行政訴訟法、行政不服審査法、国家賠償法、各法律の損失補償の規定などです。そして、行政組織法とは、行政組織について定めた法律のことです。具体的には、国家行政組織法、地方自治法、独立行政法人通則法などです。

行政法の特徴としては、専門性が高く国民には理解しづらいことと行政の広い裁量が認められやすいので行政訴訟で行政に勝つのは難しいことの2点が挙げられます。このような特徴から、行政問題を専門的に扱っている弁護士は少ないのが実情です。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.