法律は名の通り、守るべきものなのです。

退職金を年金で受け取る場合、減額通知が来た時の法律相談です。業績悪化などの場合は受けざるを得ません。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

退職年金の減額通知が来た時の法律相談

多くの企業では退職金の制度を用意しています。しかし最近は退職金制度を持たず、その分給与を多くしますとするところもあります。どちらがいいかは本人次第といったところでしょう。退職金の支払い方法としては一時金で支払われる方法と年金方式で支払われる方法があります。支払総額としては年金方式の方が多くなるので急にお金が必要でない場合は年金方式を選択する人もいます。でも思わぬことが起きることがあります。

定年退職をして年金生活をしている人がいます。公的年金、企業からの退職年金、その他貯蓄で生活をしていました。この人は退職金を年金方式で受け取っていたのです。ところが企業から年金額の減額の通知が来ました。業績悪化が原因とのことです。確かに退職するときに業績が下降気味だったもののまさか減額されるとは思いませんでした。このようなことになっては困るので法律上どうなっているのかを確認することにしました。

退職金の支払いとしては企業は義務を負っています。ですから支払う義務はなくなりません。これは倒産しても同様です。しかしないお金については出せません。ですから他の債権者同様に会社の財産を受ける形になります。減額の通知も受けざるを得ないとされています。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.