法律は名の通り、守るべきものなのです。

三大法曹界の一つであり、法律の専門家でもある「弁護士」について、その仕事内容などを具体的にご紹介します。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の専門家である弁護士について。

「裁判官」、「弁護士」、「検察官」の日本の三大法曹界の一つであり、法律の専門家である「弁護士」とは、基本的には依頼人から依頼された法的事務について処理をする事資格を所持している人を言いますが、私たちの感覚としては、裁判の際の弁護人のイメージが強いと思います。弁護士は裁判の弁護人だけではなく、企業同士の売買契約などの契約内容の確認や契約書の作成などの法律に関わる事務的範囲も行います。また、破産や民事再生などの経済的困難に対しての法律相談も行います。この弁護士とは、国家資格である弁護士資格を所有している人を指しますが、この弁護士資格を取得していないと法的にも名乗ることさえも禁止されています。

この弁護士資格を取得するためには、司法試験や司法試験予備試験に合格し、司法の修習期間を終えなければなりません。この司法試験とは、国家試験であり、非常に難易度の高い試験であることで広く知られています。従って、司法試験を受ける人の多くは、法律の専門学校や法科大学院へ在学していることが多いです。また、この弁護士資格は、弁護士の資格だけではなく、同時に、弁理士、税理士、社会労務士、行政書士などの範囲の職業もすることができます。

関連サイト

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.