法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の改正作業は立法府である衆議院と参議院での審議と採決を経てようやく改正作業が始まります。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律の改正作業の過程

法律の改正作業というのは立法府である国会から始まります。法律の改正案が国会に提出されると衆議院と参議院での審議が行われます。重要法案は優先的に審議されることもあるので、必ずしも順番通りに審議が行われるとは限らないのです。審議では完了が作成した答弁書を元に議論が行われていきます。重要法案については審議にかなりの時間をかけるという傾向があります。国会の審議はインターネットで自由に視聴することができるので、関心があれば動画を見てみると良いでしょう。だれでもアクセスすることができます。古いものについては議事録を確認して下さい。

十分な審議が行われた後に採決が行われます。ここで可決されれば法案が参議院へ回されることになります。否決されれば廃案となってしまいます。重要な法案でどうしても国会会期中に通したい場合には、与野党ともに根回しを行う必要があり、国会議員の腕の見せどころとなります。参議院で可決すれば改正手続きがなされます。その後、段階を経て法律が施行されていきます。法律の施行にあたっては期間が設けられているのでその間に準備作業が行われ、世に出す事になります。世に出した後に実施されることになるのです。

関連サイト

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.