法律は名の通り、守るべきものなのです。

世の中には沢山の法律が関わっていることを説明し、法律を知ることで自分自身を守れることを紹介しています。

法律は名の通り、守るべきものなのです。

法律を知ることで自分を守ることができます。

身の回りには生活ルールとしての法律が沢山あります。契約などに関わる民法、民事訴訟法や刑事にかかわる刑法、刑事訴訟法などです。法律と聞くと難しそうと思う方が多いと思いますが、法律を知ることで自分自身を守ることができます。それでは具体的に法律を知っていることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは様々な事情で損害が出た時には民法の規定により損害賠償請求ができます。しかし、民法には同時に時効という制度を設けていてこの損害賠償請求がいつまでも主張できるわけではなく、請求しないでいると権利が消滅してしまうことになるのです。損害賠償請求は損害を知った時から3年以内に請求するようにしましょう。次に街でひったくりなどの被害にあった場合には刑事訴訟法により私人でも現行犯の場合身柄拘束という逮捕行為をすることができます。ですので、そういう行為を見かけた場合まずは警察に連絡するのが先ですが、逃げられないように逮捕することも可能なのです。他には不当な契約を締結されられた時は消費者保護の観点から消費者保護法により契約を取り消すことが可能です。ですので、契約したらどうしようもないわけではなく法律によって私達は守られているのです。

Copyright (C)2019法律は名の通り、守るべきものなのです。.All rights reserved.